12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-11-18 (Sat)
※オープン記念プチコンサート 12月16日(土) ご予約受付中!!
  →詳細はこちらへ! まだ、お席が残っております。ぜひ、おいでくださいませ。

らぼ♪Poka に 来るときには、ぜひ、ちょっと時間に余裕を持っていらしてください。
玄関先で、ゆっくり時間を使えるように!

こんなのを置いています。
IMG_1749 (2)_R

ピアノの鍵盤を引っ張り出すと、ごっそり、ナカミがかたまりで出てきます。
横から見ると、ハンマーまでの複雑なしくみ。
IMG_1813 (3)_R IMG_1815 (2)_R

この、ひと鍵盤分のアクション模型です。

実験室からの連想か、「ピタゴラ装置みたいなもんですか?」という声も聞いたので、
特注のアクリルケースが届いたところで、ラベルをつけてみました。
IMG_1756 (2)_R

ケースは、鍵盤を押すことができるように窓を開けてあります。
IMG_1748 (2)_R

触れて、動きを追いかけてみると、おもしろい。
音を出すしくみ、音を止めるしくみ。
両方が絶妙に動くのがわかります。

さて、今日はC2CPの状態をよりよくするために、部品を交換してもらいました。
ダンパーペダルを踏んだときに、ダンパー全体を持ちあげる、アルミニウムのバーがあります。
IMG_1806_R.jpg IMG_1812_R.jpg
写真は鍵盤を抜いたピアノの中。一番下に見えている銀色のバーがそれです。

ダンパーは高い音のところにはついていません。そして、左の低い音に行くほど大きいです。
IMG_1811_R.jpg
そうすると、このバーの左側の方には右よりもいつも大きな負荷がかかります。
そのため、バーの取り付け部分に少しずつひずみがたまってくるのです。

C2CPのバーの取り付け部分は木製で、そのひずみのためにわずかにクリック雑音、きしみの音が出る症状が出ていました。

新しい部品は取り付け部分が改良されています。こちらの部品に替えてもらいました。
IMG_1808 (2)_R

これで、気になっていたきしみ音が、すっきり解消されました。
C2CPのあたたかい音を、気持ちよく楽しむことができるようになりました。

今日は、ステキなお花も届きました。うれしい贈り物です。
IMG_1816 (2)_R
サロンの中が明るくなりました。

スポンサーサイト
| ピアノサロン | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する