FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-04-17 (Tue)
「小さい植物を描く会」
毎月第2火曜日午後(14:00~16:00)/毎月第3火曜日午前(10:00~12:00)
DSCN6524_Rs.jpg

尾形幸子先生のボタニカルアート教室で、植物画に取り組んでおられる方々を対象に募集しています。
第3火曜日午前の組を実施しました。

今日参加された方は、植物画の教室で描いておられる材料を持参してくださいました。
実体顕微鏡を使って、いちど詳しく観察すると、次に肉眼で見たときに、同じ材料の同じところが、違って見えるのが面白いところです。
また、描いている材料には、その材料を選んだ思いや、描いていくうちにわいてくる愛着など、思い入れが出てきます。そういうものを詳しく見て新たな発見をするのは、なお、楽しいことだと、参加してくださった方のお話を聞きながら、強く感じました。

野の花のようすは先回から1週間だけでずいぶん変わりました。
ホトケノザやヒメオドリコソウは開放花の盛りを過ぎてきました。

キュウリグサは花穂が伸びています。早く咲いた花のあとには4個ずつ種子が膨らんでいるのが見えます。
花の中心を覗くと、おしべやめしべが見えています。
DSCN6517_R (3) DSCN6524 (2)_R

こちらはハナイバナ。 花のつくりがそっくりです。
DSCN6546_R.jpg DSCN6553t_R.jpg

野ではカラスノエンドウが目につくようになっていますが、スズメノエンドウもよく伸びて、マメもできています。
DSCN6535_R.jpg DSCN6536_R.jpg

ラスノエンドウとズメノエンドウのの大きさだから、カスマグサ。
花の縞模様が目立ちます。本当に中間の大きさ。
DSCN6539_R.jpg DSCN6544_R.jpg

こちらもマメ科で、コメツブツメクサ。
チビチビと小さい黄色い花が芝生の一角などに広がるのが目につきます。
DSCN6564_R (2) DSCN6565_R (2)
花が終わったあと。子房をくるんで下向きに垂れるのが、コメツブツメクサ、
似ているけれど、花のあとも上を向いて伸びるのが、コメツブウマゴヤシ なのだそうです。

DSCN6555_R.jpg DSCN6563_R.jpg
コハコベ 花弁はハート形の5枚。タチイヌノフグリは果実がハート形。

ヒメユズはオダマキのなかまです。
DSCN6571_R (2) DSCN6583_R.jpg
花弁の後ろ側、ガクの隙間からちょこんと飛び出した「距」が見えます。
DSCN6573_R.jpg DSCN6585_R.jpg

はがき大の紙に、気になる部分をササっと鉛筆で描き、すぐに彩色して、ステキな絵にして帰られたのを見て、こんなことができたら素敵、と思った、そのことが目の前で現実になっていて、心から嬉しい気持ちになりました。
ご参加ありがとうございました。

新規のご参加 単回のご参加も受け付けておりますので、以下のメールフォームまたは予約サイトからぜひ、お申し込みくださいませ。

ご参加申込み・お問合せ用メールフォーム

ご参加申込み予約サイト

また、「描く」のではなく、ここに掲載したような写真を撮影してみたい方は、こちらの講座をどうぞ。
植物画教室に通っておられる方に限らず、広く一般に募集いたしております。

「簡単!顕微鏡写真を楽しむ」
毎月第3火曜日午後(14:00~16:00) 
ご参加申込み予約サイト


スポンサーサイト
| 生命科学らぼ | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する