FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-09-19 (Wed)
7・8月とお休みをした小さい植物の会でしたが、9月になり、再開です。
今年は本当に本当に暑い暑い夏で、その暑い夏を挟むように7月はじめと9月はじめに大雨、台風。
そしてそれを挟むように6月と9月に地震。落ちつかないまま9月も後半になりました。

ヨモギが花をつけています。ヨモギの花なんて、マジマジと見たことがありませんでした。
DSCN7469_R.jpg DSCN7475_R.jpg

キク科の風媒花。総苞の中に雌花と筒状の両性花が花束のように入っています。
DSCN7483_R.jpg DSCN7485_R.jpg

同じくキク科のヒヨドリバナ こちらは蝶が蜜を吸いに来ます。
DSCN7426_R.jpg DSCN7430_R.jpg
総苞の中に花束のように筒状花があります。つぼみを見ると冠毛があるのがよくわかります。
DSCN7432_R.jpg DSCN7436_R.jpg
ふわふわと見えていたのは2つに分かれた長い雌しべでした。
DSCN7441_R.jpg DSCN7442_R.jpg
茎には毛がたくさんあります。

毛といえば、9月のひっつき虫大賞はこれです。
アレチヌスビトハギ 帰化植物です。
実験室に運んで来る間に花の色が青くなってしまいました。
DSCN7446_R.jpg DSCN7448_R.jpg
旗弁の奥にある2つの黄色い斑が特徴的です。
さやには先の曲がった毛が密生しています。
DSCN7449_R.jpg DSCN7451_R.jpg
なるほどベタベタくっつくはずです。

ニラ  ヒガンバナ科 ネギ属
DSCN7462_R.jpg
公園の道端にニラ。
DSCN7464_R.jpg DSCN7466_R.jpg

そろそろ、毬果が気になる季節。
メタセコイアの青くて丸い毬果。
DSCN7488_R.jpg DSCN7491_R.jpg
先端にプクプクとふたつずつ、めしべのあと。

エノコログサの穂。花が咲いています。
DSCN7493_R.jpg DSCN7494_R.jpg
長い毛は花の周りからではなく、別のところから出ています。
「芒」とか「禾」と呼ばれるものとは違うのですね。
DSCN7501_R.jpg DSCN7513_R.jpg
毛は細かく返しのようになっています。
DSCN7496_R.jpg

葉の縁はギザギザです。葉の付け根には毛。
DSCN7499_R.jpg DSCN7497_R.jpg


黄色く色づいた穂には種子ができています。パラパラと脱粒します。
DSCN7503_R.jpg DSCN7505_R.jpg
外の殻、穎(えい)を取り除いたところ。
このデコボコの果皮の模様は花のときからすでにあります。
DSCN7507_R.jpg

華やかな彩りを楽しむのではなくて、ちょっと地味めな秋の観察になりました。


スポンサーサイト



| 生命科学らぼ | COM(0) | | TB(-) |
2018-09-09 (Sun)
らぼ♪ポルカ ピアノサロン 「テーマつき弾き合い会」企画
「ブルグミュラーを楽しむ会」~第2回~ を開催します。
~~~~~~~~~~~
10月20日(土) 13:00~16:00 
演奏者定員11名(付添い枠3名)
演奏者¥1000 演奏時間10分以内 
付添い¥ 500
~~~~~~~~~~~
ピアノを習った人ならみんな知ってる!というほど、なじみ深い、ブルグミュラー「25の練習曲」。
今回は、この教本に限らず、ブルグミュラーの曲なら何でもOK
原曲でもアレンジ譜でも、ソロでもアンサンブルでも、という弾き合い会です。

さらに、らぼポルカにはピアノが2台あります!
そこで、「25の練習曲」からの選曲には、2台アレンジ譜によるアンサンブルも楽しめるように、お相手のマッチングを企画しています。
ソロでまず披露。つぎに、合わせてくださる方と2台で演奏。
耳覚えのある曲が、どんな風に変身するかな? 

6月の第1回、2台になるとハーモニーが膨らみ、優しい響きに癒やされて、とっても心和む時間になりました。
新しいピアノ仲間との出会いも、よく知っている曲で共感できて、とってもスムーズ。
お子さんも、大人の方も、どなたでも大歓迎です。

詳しくはホームページをご覧ください。
お申し込みは、メールフォーム(ピアノをクリック) からどうぞ。
pi.jpg
| ピアノサロン | COM(0) | | TB(-) |