fc2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2021-08-22 (Sun)
夏休みももう終わりですね。
今年は、完全個別対応で実施した自由研究サポート講座、たくさんの親子のみなさんが参加してくださいました。
個別対応でしたから、オリジナルのテーマにもお付き合いできましたし、また、たとえ同じテーマでやり始めても、それぞれ、出来上がりはさまざまになるのが、自由研究の面白いところです。

いろいろなお子さん方の取り組みについて、ちょっとした、予備実験や予備観察をしたり、実際に当日実験に取り組む中で、講師もとっても楽しませていただいています。
ユニークな発想とお付き合いする中で、「こんなの、初めて見たわー!面白いねえ!!」となることがしょっちゅうです。

ブドウの軸 トマト房の軸 
ブドウの房の軸の横断切片         トマトの房の軸の横断切片
(いずれも徒手切片・サフラニン染色/中学2年生) 
※とっても堅くて切片にするのが大変でしたが、美しい断面にうっとり。
 放射状の二次木部が発達していて、ココのせいであんなに堅かったのか、と、納得です。
 ブドウは師部繊維のまとまりが確認できるので、師部もよくわかります。
 トマトは道管がしっかり見えています。茎の毛も見えていますね!
茎の観察をしよう、となったときの、この材料のチョイスに脱帽。いいですねえ!

どんなところを面白がるのか、それは、本当にお子さん方や保護者の方の日常生活から出てくるもので、講師がどうこうできるものではありません。そういうところが、実験室でググーッと出てきたとき、もう、その自由研究はキラキラしはじめます。

取り組んでいるときのお子さん方の集中力、一生懸命な瞳や、わあ!と驚いて見開いた目、とってもステキです。
そして、顕微鏡を覗く子どもの後ろで「お母さんにも早く見せて!見たい見たい!」と、ソワソワしておられるお母さまのようす、これがほんっとにステキなんです。
「さようなら」と、扉を閉じた向こうで、「おもしろかったー!」というお子さまの声が聞こえると、本当に、来ていただいてよかった、と心から思います。
また、保護者の方から、「実は、あんなに楽しかったのは久しぶりです。」「実験が面白いと初めて思いました。」といった、感想やメールを頂戴すると、やってよかった、と、嬉しい気持ちになります。

今年は、リピーターのご利用もありました。ありがたいことです。
昨年はコロナで夏休みが短かったので、2年ぶり、みんな、ぐんと大きくなって、しっかりして。
前に○○の観察したね、そのとき見たことが、ちゃんと、活きているね!
学年が進むにつれて、その取り組みの中に、お子さんそれぞれの積み重ねが活きてきていることも感じました。

どんなレポートに仕上がったかな、楽しみですね。

らぼポルカの実験室は、顕微鏡でちょっと見てみたい、をサポートします。
夏休み限定でなくて、いつの時期にもフレキシブル講座でお受けしています。
親子はもちろん、大人の方だけでもご利用いただけます。
普段でも、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問合せメールフォームはこちらです。

スポンサーサイト



| 生命科学らぼ | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する